急な転勤!単身赴任するときの引っ越しなら

契約の確認は大切

荷造り

迅速な対応が必要です

進学や仕事等の都合で、近年は単身で引越しをする割合が増えています。つまり、非常に需要の高い業務なので、数多くの引越し業者が単身パックを用意して簡単に利用できるサービスを充実させています。ただし、引越し業者への依頼から転居先の対応まで、すべてを一人で実行する可能性が高くなります。そのため、目配りが十分に行き届かない結果、単身パックの利用でトラブルに巻き込まれた事例が報告されています。したがって、トラブルが発生しないように、事前に対策をすることが大切です。代表的なトラブルは、見積より高い料金請求です。ただし、割高な請求は追加料金になることが多く、業者側は根拠を示すことが一般的です。その原因として予定より荷物が増えている場合があるので、落ち着いて確認することが大切です。また、単身パックの荷造りは自力で行うことが基本なので、引越し当日に準備が完了していないと割り増しされる場合があります。つまり、依頼をする際に、契約内容を十分に確認することが不可欠です。その上で、不備がなくても請求される場合、消費者センターへ相談することになります。一方で、作業中の物品や建物設備に対する破損も、代表的なトラブルです。破損しやすい食器類は業者側に注意を促して、パソコン等の精密機器は任せない方が安全です。建物への被害は原因が不明になりやすいので、危険の高い物品の移動に同伴して迅速に対応する方が確実です。更に、物品紛失への備えには、リストアップが役立ちます。